| 2008年2月

若竹の会 お礼の言葉

2月3日冷たい雪と雨の中、私達は長岡京に向いました。
長岡京に到着すると、周りの山々は雪景色。寒い1日でしたが幸い午後からは、お天気が回復し、客席の皆様方と一緒に舞台を迎えました。
今年の出場者は、今持っている自分の力をまあまあ出せた様な気がします。
特に小学生の7名は、毎週遅くまで残ってリハーサルに励みました。
バレエノートを作り、踊る前はノートを確認して踊り、注意してもらった事を毎回書いていました。何事に取り組むにも努力が大切な事、熱意を持ち続ける事で結果が出る事を体験してくれた様な気がします。これからの人生に生かしてほしいと思いました。
中学生のお姉さん達はリハーサルの時間が少ない中、自分で時間を見つけて努力を重ねました。やはり努力が一番、時間を効率よく使い、自分の欠点を直していく様に心がけていました。本番では落ち着いて自分の力を発揮していました。
またこれから皆と一緒に精進し、5月の発表会に向って頑張っていきたいと思っております。ありがとうございました。
後日写真を掲載しますのでまた御覧下さい。

2月吉日        三宅輝子

2008.02.03

インフォメーション