| 2009年5月

発表会お礼の言葉

5月3日の発表会は、皆様方の御支援と御協力のお陰で無事幕を降ろす事が出来ました。

今年の会は、昼も夜もみんな笑顔で楽しんで踊る事が出来ました。古典の群舞に取り組んだ昼の部の子供達も、協力し、我慢する事をしっかり身につけました。夜の部は創作の群舞で心を1つにして踊る事で、感動を得る事が出来、発表会の踊りにひたむきに取り組んだ事が踊りの出来具合にかかわらず、自分自身の心に達成感をもたらす事も体感出来たと思います。そんな体験が最後のコッペリアで、みんな本当に楽しく笑顔で踊ることが出来た事につながった様に思います。
発表会後皆様から「さわやかで、ひたむきさが伝わるとてもいい舞台だった」とお褒めの言葉を頂いた事になったと思っています。
私の教室の発表会は、お母様達もスタッフとして参加し、みんなで1つの目標に向って頑張る気持ちを持って臨んでいます。今年の発表会の気持ちを忘れず、更に精進して来年につなげたいと思っています。
本当にありがとうございました。

三宅輝子

2009.05.25

インフォメーション